1万円だけ借りたい時に便利なキャッシング

おすすめ

あ〜もうなんでこんなときに1万円ないの!

お出かけや支払いの時に1万円でけあったら事が済むのに、かといって人に貸してほしいとも言えないですよね。そんな時にすぐ1万円を借りれるキャッシングがおすすめです。「金融会社を使うなんて」て思うかもしれませんが意外と気軽に利用できて誰かに頼む必要もないので便利ですよ。

1万円のキャッシング方法について

「給料日前でお金がない」
「飲み会に誘われたけど持ちあわせがない」

…そんな時、あなたならどうしますか。友人に借りますか?親や兄弟に借りますか?それとも、消費者金融で借りますか?

そこで今回は、お金を借りるメリットやデメリット、どこで借りるのが一番良いかなど、ちょっとだけお金を借りたいときの方法について調べていきたいと思います。

1万円ぐらいの金額を借りるのに多い理由

まず、みなさんがどんなときに「ちょっとだけお金を借りたい」と思うのかを見てみましょう。

●急な飲み会に誘われた
●給料日前に生活費が足りなくなった
●お祝いや香典などで、まとまったお金が必要になった
●買いたいものがあるのに持ち合わせがなかった
●支払いにクレジットカードが使えなかった
●彼氏(彼女)の誕生日なのにお金がない

では、このような理由でお金が必要になった場合、誰から(どこから)お金を借りればいいのでしょうか。それぞれのメリットとデメリットと共に見ていきましょう。

1万円を恋人や友人から借りるメリット・デメリット

メリット

○利息の心配がない
○返済日の融通がきく

デメリット

×返済できなくなると、友人なら疎遠に、恋人なら別れの原因になる
×相手に対して負い目ができる
×お金にだらしない人だと思われる
×相手に不信感を持たれる
×借りている間も返した後も、お互い気まずい感情が残る
×金銭トラブルが原因で、何か大きなトラブルにつながる可能性がある

1万円を親族から借りるメリット・デメリット

メリット

○利息の心配がない
○返済日の融通がきく
○返さなくてもいいと言ってもらえる可能性がある

デメリット

×返済できない場合、関係にひびが入る
×相手に対して負い目ができる
×お金以外のことにも口出しされるようになる(生活態度や友人関係、勉強や仕事のことなど)

1万円を銀行から借りるメリット・デメリット

メリット

○必要な時にすぐに借りられる
○家族や恋人に知られる心配がない
○銀行のカードなら持っていても怪しまれない

デメリット

×利息がかかる
×借り癖がついてしまう

1万円を消費者金融から借りるメリット・デメリット

メリット

○必要な時にすぐに借りられる
○家族や恋人に知られる心配がない

デメリット

×利息が高い
×借り癖がついてしまう
×消費者金融と聞くとイメージが悪い

1万円をカードローンで借りた場合の金利はどれぐらいなのか

金利は、基本的にどこの金融機関でも日割り計算になります。つまり、各社で決められている金利を365日で割り、それに借りた日数をかけた数字が利息になります。

では、代表的な金融機関で1万円を借り、3回に分けて返済した場合の金利をシミュレーションしてみます。

金融機関名 金利 返済1回目 返済2回目 返済3回目 総返済額 金利合計
新生銀行レイク 4.5〜18.0% 4000円 4000円 2270円 10270円 270円
プロミス 4.5〜17.8% 3432円 3432円 3432円 10296円 296円
アイフル 4.5〜18.0% 5000円 5000円 265円 10265円 265円
アコム 4.7〜18.0% 3433円 3433円 3433円 10299円 299円

新生銀行以外の銀行の金利の上限は14%前後なので、総支払額はもう少し安くなります。

1万円を迅速に借りるにはどの方法が一番良い?

『本当に困っているときだけ』、『1万円という少額』、そして『給料が入ったらすぐに返す』、という条件であれば、やはり親に借りるのが一番良いのではないでしょうか。

できることなら、金融機関のお世話にならないに越したことはないですよね。

早く現金がほしい場合、もっとも審査が早いキャッシングはどこか?

どうしても親には借りられないという場合は、銀行または消費者金融などを利用することになります。

現在、審査が最も早いのは、銀行なら三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行、消費者金融はプロミス・アイフル・アコム・モビットなど大手のほとんどが最短30分で審査が終わります。

いずれの場合も、自動契約機の営業時間内であれば、その場でカードを発行し、借入れをすることができますが、振込での借入れの場合は、指定の銀行に口座を開いたり、ダイレクトバンキングの契約が必要になる場合があります。

1万円を借りるのにおすすめのキャッシングランキング

金融機関の中には、初めての借入れの場合、一定期間無利息で借入れできるサービスがある会社があります。つまりこの期間は金利が全くかからないため、借りた金額をそのまま返済すればよいということになります。

1万円などの少額で、給料が入ったあとにすぐに返せるなど、返済の目途が立っている場合は、こういった無利息期間がある金融機関を選ぶのがおすすめです。

1位、プロミス

初回借入日の翌日から、30日間利息が無料

>>プロミスの公式サイトはこちら

2位、アコム

契約日の翌日から30日間利息が無料

>>アコムの公式サイトはこちら

3位、新生銀行カードローンレイク

契約日の翌日から180日間、借入額のうち5万円までが何度でも無利息、または契約日の翌日から30日間、借入金全額が無利息の2種類のサービスから選択可。

>>新生銀行カードローンレイクの公式サイトはこちら

まとめ

お金は本来、自分の給料の範囲内でやりくりするべきものですが、「今月はキツイ…」ということは、誰しも経験したことがあると思います。

しかしどんなに困っていても、友達や恋人に借りることだけは絶対に避けましょう。いくら親しい間柄であっても、例え1万円であっても、お金が原因で関係をこじらせてしまったという例は実際に沢山あるのです。

最近は、銀行や消費者金融でもATMや振込で手軽にお金を借りられるようになり、無利息期間を利用すれば、金利の負担なく返済することも可能になりました。

借入れや返済の計画をきちんと立ててうまく利用すれば、キャッシングやカードローンも決して怖いものではないのです。

少額であれば、親に借りるのが一番理想的ですが、それができない場合、銀行や消費者金融の利用も悪くはない選択です。

最新のエントリー一覧

返済計画の経たないキャッシングは止めましょう
"返済計画を立ててからキャッシングするようにします。無計画に、返済の当てもないの...

お金が無いなら無いなりの生活を
"借金を頼んでくる人は、自分に甘く、自己中心的で、金銭感覚がなく、お金の管理がで...

借金を頼んでくる人とは
"借金を頼んでくる人というのは、自分に甘えている人だと思います。 何故なら自分に...